目次

Packet Bell

PacketBell はパケットの流れを音に変換します。それだけです。 微妙にアクセスがあるようですので他のライブラリが必要のないバージョン0.3を作りました。

使用方法

必要なもの

Windows 2000,XP 上で動きます。Javaが インストールされておりMidiが使えることが必要です。

手順

まず アーカイブをダウンロードして、展開します。 展開したディレクトリでdo.batを実行します。 タスクバーにアイコンが出ますので、右クリックで操作ができます。
開始
キャプチャを開始します。
停止
キャプチャを停止します。
ネットワークインターフェース
キャプチャするインタフェースを選択します。
プロミスキャスモード
プロミスキャスモードへの切り替え
ログ表示
ログウインドウを表示し、キャプチャしたパケットの情報を表示します。
終了
packetbellを終了します。

目次に戻る

音が出ない場合

正しいネットワークカードをキャプチャしているか確認してください。 キャプチャが出来ているかどうかはログ表示を選択すると キャプチャされているパケットの情報が表示されます。

JavaがインストールされていてもMIDIの音が出ない場合があります。 Javaのインストールディレクトリに\lib\audio\sounbank.gm がないのが原因の場合が多いのですが...
目次に戻る

設定ファイル

バッチファイルを見てもらえばわかると思いますが、 XML形式の設定ファイルで設定を変えることができます。 実はいろいろできるのですがポートと音色関係の設定を説明します。
  <map port="139" inst="ignore" />
  <map port="80" inst="112" />
とした場合ポート139は音を出しません。ポート80に対しては音色112が割り当てられます。 目次に戻る

ライセンス

このソフトウエアの使用に関しては制限はありません。 このソフトウエアは無保証です。このソフトウエアの使用によって生じた損害等一切の事項に関して責任を取りません。 改変、再配布に際しましては作者までご連絡ください。